休日おでかけパスで行く、乾徳山2,031m

2018/7 乾徳山へ行ってきました。

岩場の練習に人気の山です。

公共機関で都内から行く場合、電車で塩山駅まで向かいます。

新宿駅(中央線)→塩山駅 山梨交通バス「窪平・西沢渓谷線」→乾徳山登山口下車

JRの青春18切符などお得な方法で行くのがお勧めです。

今回は休日おでかけフリーパスを使いました。

詳しくは→休日おでかけパス 区間内2,670円で1日乗り放題。

大月まで乗れるので、大月~塩山までの切符を追加で購入すればOKです!

新宿からの電車賃

通常:片道1,944円

休日おでかけパス:2,670円 大月駅-塩山駅:片道496円

通常往復3,888円、お得な切符で往復3,662円なので少しお得です。

塩山駅からのバス:片道660円。山梨市営バス「西沢渓谷線」でも同料金で乾徳山登山口へ迎えますが、始発は山梨市駅9:12発と遅めなので行きは塩山駅8:30発の山梨交通バスがお勧めです。

運行期間は4月中旬頃~11月下旬まで。詳しくは各HPでご確認下さい。

山頂直下は垂直に近い岩場を鎖で登りますが迂回ルートがあるので安心です。

登山口に下山しました。

5時間23分、10.17kmの活動でした。

帰りは下山時刻や行きたい温泉に合わせて山梨交通バス、山梨市営バスのどちらでもよいと思います。

この日は山梨交通バス(後ろから2番目の15:08)に乗り、宏地荘の日帰り温泉を利用しました♨️400円。

ヌメヌメして気持ちのいい温泉です。

バスで塩山駅まで行き、10分ほど歩いて行きましたが手前のバス停で下車した方が近そうです。

向獄寺あたりかな?詳しくはバスの運転手さんに聞くとよいです。

山梨市営バスに乗った場合は、隼上で下車してすぐのはやぶさ温泉がお勧めです。源泉掛け流し ♨️600円。

地元でとれた果物や野菜がお安く売ってます🍇

車の場合は、ほったらかし温泉(800円)がお勧めです。

ブログランキングに参加しています。

ポチッとお願いします🙇‍♀️

人気ブログランキング

台湾現地ツアーならMyTaiwanTour!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です