マイカーで行く日光百名山2座〜日光白根山編

20188月お盆
 
車で日光白根山へ行ってきました🚘
このお山、電車バスだと行きにくく、ついに車で来ました。女子ソロ登山です🥾
 
登山口はいくつかあり、群馬側の丸沼高原スキー場のロープウェイを利用するのが
主な様ですが、お金をかけたくない私は、日光側から行き、無料駐車場のある金精峠からのスタートです🅿️
金精峠の少し先に菅沼登山口があり、70台程度の有料駐車場1000円もあります。
電車バスの場合、東武日光駅から湯元温泉までバスがあるので湯元温泉からもスタート出来ますが開始時間が遅く、ロングルート(12km位だけど)になります。
 
車で日光駅側から行く場合、日光いろは坂の下にあるローソン・ファミマ(日光清滝店)が2件並んでおり最後のコンビニになります🏪
中禅寺湖の湖畔に商店等がありますが早朝の営業時間が不明です。最後のトイレは戦場ヶ原手前の赤沼公衆トイレです🚻金精峠にはトイレがなく、登山道にもありません。これが難関です💦
 
8時半に駐車場に着きました。トンネル手前左側です。
お盆ですが平日の為か数台しかとまっておらず余裕があります。
 
15台程度とめられそうです。休日は早く到着する事を勧めます。
駐車場の角に登山届ポストと登山口があります。いきなり急登ですが長い行程でここが一番の急登かも💦

この日は北風の強風で登山ルートによっては体がもっていかれる程でした。その為、金精山あたりは樹林帯で体をもってかれる事はなかったのですが風の音が爆音で恐怖を感じ、引き返そうかとも考えた位です。
前白根山付近の尾根を通った方は体がもっていかれそうで登頂は断念したそう。
 

↑五色沼

 
風向きからして五色沼に一度降りてなら大丈夫そうとアドバイスを頂き、進む私。五色沼避難小屋を経由して南側からのルートは強風にあたる事なく無事に登頂出来ました。しかし山頂に着くとガス。小雨も降ってきて残念なお天気に🌂
 
待っても一向に晴れる気配がないので断念して下山。五色沼を過ぎたあたりで振り返すと山頂はすっかり晴れていました。
 
 
下山の後半からはトイレ我慢大会💦何度お花摘みしようと思った事か。不快でなりませんでしたが結局帰りの温泉まで我慢😣
 今回のマップ🗺
 
帰りは湯元温泉へ寄りました。美人の湯と言われ、乳白色の温泉です。車で近くを通り過ぎるだけで硫黄の香りがします。入り口一番手前にある湖畔の宿湯の家♨️800円。入りやすかったのでここに。
古い温泉ホテルでドライヤーはレセプションで借りて脱衣所にもっていきます。
源泉掛け流し、湯の花が浮いていてお湯はいいと思いますが、内装はかなり古びれており、シャワーの温度調節が難しく熱い。露天なしです。
 
標高の高い日光は夏でも夕方は涼しいです。
このまま日帰りで帰宅しようとしましたが疲れたしこの後長時間運転するのがだるくなり、日光駅近くの安宿に泊まる事にしました。そして翌日男体山へ登ります。なので出来れば宿はいろは坂を下る前にしたかったのですが程よい宿は日光駅付近にしかないのです。いろは坂の運転がだるいですが空いていれば登りも下りも10分。
泊まった宿は、ホテルファミテック日光駅前。
新しいのかな?きれいだし値段の割にクオリティ高め。ファミマの真向かい。歯ブラシ、バスタオル、浴衣付。共用シャワールーム、大浴場あり。ランドリー有料。カプセルルーム3,800円。カーテンで仕切られた狭い個室ですが寝るだけですし快適でした^^
 
 
男体山へつづく。

ブログランキングに参加しています。

ポチッとお願いします🙇‍♀️





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です